FC2ブログ
演奏会雑録帳
2001年以前に行った演奏会の感想です。本体記事と重複してるものもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1992(平成4年)
(セルジュ・チェリビダッケ/ミュンヘン・フィルハーモニー)

10月15日:昭和女子大人見記念講堂

ベルリオーズ/ローマの謝肉祭
シューマン/ピアノ協奏曲(P/アルトゥーロ・ベネデッティ・ミケランジェリ)
ベートーヴェン/交響曲第5番


 最初の「ローマの謝肉祭」もそうなのですが、チェリビダッケの語り口というか演奏の傾向を知ってしまうと、その演奏がけっして遅くなく、むしろ妥当と感じてしまうのが面白い。やはりそれだけの説得力と膨大な情報量を指揮者が持ち合わせているからなのでしょう。綿々と雄大に歌われるその演奏も決して奇をてらったわけでなく、チェリビダッケとしてきわめて自分にストレートに音楽を表出した結果なのだと思う。

 二曲目のミケランジェリとのシューマンもそうで、ミケランジェリの硬めの音質、しかもその琥珀色でありながら極めて透明度の高い、まるで極上の鼈甲細工をみているかのようなその響きに、正直最後まで魅了されっぱなしの演奏ではあったものの、それをしっかりとバックで支えているチェリビダッケの音楽は、ただミケランジェリに迎合しているだけでない、ちゃんと自分をストレートに出した結果というものもそこに投影しており、だからこそこの二人の共演時には、あのキャンセル魔といわれたミケランジェリが一度もキャンセルしたことがない理由のひとつなのではないかと思ったものでした。

 それにしてもこの時の会場はかなり暑かったのですが、これはミケランジェリがいつものとおり会場の温度と湿度を指定しているためだということで、協奏曲が終わった時点で会場は元の温度になっていきました。

 後半の「運命」は独特で強弱が交互に来る独特な遠近法ともいえるような手法を用いた演奏となっており、それによって音楽に推進力と奥行きを与えているような独特な感覚をもったものでしたが、それが奇異なものにかんずることなく、やはり最初に述べたようにストレートな印象を受けたのは、この指揮者が本音でやはり音楽を語っていたからではないかという気がしたものでした。

 この指揮者がべートーヴェンの交響曲を日本で指揮したのはじつはこの時が初めてで、他には最後の来日となった翌年の公演で、ブルックナーの9番に変わって「田園」が演奏されたくらいです。本当は86年の同オケとの公演時に「英雄」が演奏される予定だったのですが、シューマンの4番に結局は変更となってしまいました。
 ですのでこの「運命」というは日本ではこの日一度きりの演奏となってしまったのですが、正直自分としてはもっとこの指揮者のベートーヴェン、特にその変更となってしまった「英雄」をぜひいつか聴いてみたいと思ったものですが、けっきょくそれはかなわないものとなりました。


●チェリビダッケの思い出
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page215.html
スポンサーサイト



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カテゴリー



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。