FC2ブログ
演奏会雑録帳
2001年以前に行った演奏会の感想です。本体記事と重複してるものもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1986(昭和61年)
(オトマール・スイトナー/NHK交響楽団)

12月18日:NHKホール

ブルックナー/交響曲第8番


 この演奏は一部で「端正な響き」と評されていましたが、たしかにマタチッチの豪放な演奏に比べると端正かもしれませんが、演奏そのものはきわめて厳しいスタイルに貫かれた演奏で、特に終楽章の音楽への激しいのめりこみとティンパニーの激烈な強打はブルックナーより、ベートーヴェンを強く感じさせる演奏でした。が、これはこれで強く印象に残るたいへん激しいブルックナーで、スイトナーの激烈な一面がもろに表出した演奏でもありました。

 この日はかなり雨が降っており楽器の状態も危惧されましたが、オケも火の出るような凄まじい音楽を奏でており、指揮者の音楽に十二分に応えていたと思います。ある意味凄絶なブルックナーの演奏でした。


●スイトナーの思い出
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page121.html
スポンサーサイト



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カテゴリー



カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。