FC2ブログ
演奏会雑録帳
2001年以前に行った演奏会の感想です。本体記事と重複してるものもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1986(昭和61年)
(オイゲン・ヨッフム/アムステルダム・コンセルトヘボウ)

9月16日:東京文化会館

ワーグナー/トリスタンとイゾルデ、前奏曲と愛の死
ブルックナー/交響曲第7番


9月17日:昭和女子大人見記念講堂

モーツァルト/交響曲第33番
ブルックナー/交響曲第7番


 ヨッフムはこれまでブルックナーを62年に5番、68年に4番、そして前回に8番を指揮していたため今回は7番ということになったようです。昭和女子大人見記念講堂での演奏会はNHKのTVとFMで放送され、特にTVはヨッフムのインタビューも一緒に放送されました。この時のインタビューを、ヨッフムは常に笑顔をたたえながら受け、「ブルックナーの7番の全曲の頂点は第2楽章のシンバルにある。」という興味深い発言等も行っていました。

 この86年の演奏は前回と同様圧倒的な名演となりました。特にブルックナーは圧巻で、終楽章のコーダに入る前の全合奏など、まるでオーケストラ全体がひとつの巨大なパイプオルガンのように鳴り響き、ホール全体を共鳴させたのには驚愕してしまいました。演奏時間も70分を大きく超える長大なものになったにもかかわらず、その密度の濃さは無類のものがあり、オーケストラの立ち上がりの巨大さなど空前とすら思えるものがありました。

 因みに、16日前半に演奏された「トリスタン」の素晴らしく透明感と深みにみちた音楽と、17日前半に演奏されたモーツァルトの明朗快活な生命感溢れる音楽とともに、たいへん素晴らしいものでした。

 こうしてこの公演は大成功に終わりましたが、不幸にしてこの日本公演最終日(大阪フェスティバルホールでの、9月26日の公演。)のちょうど半年後の3月26日。巨匠は惜しまれつつこの世を去ってしまいました。来日時のインタビューで「もう一度日本に来ていただけますか?」という問いかけに、「神様が私の健康を許してくれるのなら」という返事をしていたので、ある意味巨匠はこれが最後の公演になるかもしれないと、覚悟しての来日だったのかもしれません。たしかに舞台ではしっかりとした足取りで歩いてはいたのですが、演奏会が終わると一人で歩けない状態になったこともあったそうです。

 オイゲン・ヨッフムはある意味偉大な司祭だったような気がします。聴いた人々をすべて幸福にし、そしてより優れた存在とするような福音を、音楽をとおしてふりまいていったような気がします。80年以上の人生の積み重ねの上になりたち、そしてそこから多くの人々に福音を与えてくれた司祭オイゲン・ヨッフム。亡くなられた時にNHKはその年のはじめに放送した前年のACOとの演奏会とインタビューを再度そのまま放送し、その冥福を祈りました。


●ヨッフムの思い出
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page176.html
スポンサーサイト



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カテゴリー



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。