FC2ブログ
演奏会雑録帳
2001年以前に行った演奏会の感想です。本体記事と重複してるものもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1979(昭和54年)
(エフゲニー・ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルハーモニー・アカデミー)

5月21日:東京文化会館

ベートーヴェン/交響曲第6番
ワーグナー/トリスタンとイゾルデ、前奏曲と愛の死
ワーグナー/ジークフリート、森のささやき
ワーグナー/ワルキューレ、ワルキューレの騎行


 前半の「田園」はきわめて古典的な演奏で77年のブラームスを随所ニ思わせるようなおちついた佇まいと格調の高さを誇る見事な演奏でしたが、後半のワーグナーはもはや空前絶後のものとなりました。

 「トリスタン」のそれはかつての「ローエングリン」同様清澄かつ不気味なほどの透徹としたうねりが戦慄的で、特に「愛と死」の弦のすべるようなせり上がりは唖然とさせられてしまいしまた。つづく「森のささやき」の千変万化する絶妙な木管のニュアンスとその背後で響く壮大なホルンの持続音とのコラボレーションがあまりにもすばらしく、時がたつのを忘れてしまうほどでした。そして最後の「ワルキューレの騎行」。このムラヴィンスキーの魅力のすべてを5分足らずの曲にぶちこんだような世紀の名演は、ちょっと言葉では語り尽くせないほどで、その疾走感は天馬空を往くような、しかもその巨大な音の渦が最後はホール内で回転しながら疾走しているようで、完全に圧倒されつくしてしまいました。あれはいまだに昨日のことのように鮮明に覚えています。


●エフゲニー・ムラヴィンスキー/その思い出と記録。そして雑感。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page304.html
スポンサーサイト



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カテゴリー



カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。