演奏会雑録帳
2001年以前に行った演奏会の感想です。本体記事と重複してるものもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1998(平成10年)
(ジョルジュ・プレートル/パリ管弦楽団)

11月8日:鎌倉芸術館

ムソルグスキー/展覧会の絵
ドビュッシー/海
ラヴェル/ボレロ


11月16日:サントリーホール

ビゼー/交響曲
ベルリオーズ/幻想交響曲


 これはなんといっていいのか、とにかくたのしくなければ音楽ではない、といったことをそのまま、しかもわがままいっぱいにプレートル翁が実践してしまったような演奏会で、パリ管だから成立したような、きわどい綱渡りの結果超大名演大会となった数少ない実例だったような気がします。プレートル9年ぶりの来日で、しかも同団とは28年ぶりの来日でした。

 演奏はどれもがプレートルの個性が爆発しまくったような演奏ばかりで、巨大な伽藍を思わせるような大きさと強大な迫力をもった「展覧会の絵」、個性的な歌いまわしをもった「ボレロ」、そして狂気を鮮やかな光と影の交錯を盛り込みながら、野太いタッチで豪快きわまりなく素描きった「幻想交響曲」。そしてアンコールにおける「ファランドール」の、そのロシア音楽顔負けの大地鳴動するようなド迫力。そのどれもが抜群の説得力をもって聴き手にグイグイせまってきました。

 一部にはこれはやりすぎという声もありましたが、個人的には「これもまたあり」「よくここまでやった」という感じがし、その全プログラムを通じて聴かれた「歌」の素晴らしさもあってか、聴き終わったの爽快感もまた無類のものがありました。

 このいわば「プレートル独演会」は2001年にも再演がありましたが、曲目の関係のせいか、この98年ほどの大迫力の再現とはいかなったものの、プレートルワールドはあいかわらず健在で、多くの聴衆を愉しませてくれました。(特にラヴェルは絶品でした。)ただそれ以上に「パリ管の皆様、ほんとうにご苦労様でした。」という気持ちもありましたが。
スポンサーサイト
1989(平成元年)
(ジョルジュ・プレートル/ウィーン交響楽団)

11月7日:オーチャードホール

シューベルト/交響曲第8番「未完成」
マーラー/交響曲第1番


11月11日/神奈川県民ホール

ベートーヴェン交響曲第7番
ブラームス/ハンガリー舞曲、第1,3,4,5,21番
ラヴェル/ボレロ


 プレートルはヨーロッパでも一二を争うギャラの高さなのでなかなか日本によべない。そういわれていたこの指揮者が前年パリ・オペラ座管と来日し、そのときの「幻想交響曲」や「牧神」をテレビでみたとき、このややクナッパーツブッシュに風貌が似た指揮者をぜひ実演で聴きたいと願ったものでしたが、その願いは翌年に、意外にも早く実現し狂喜したものでした。

 最初の未完成は堂々とした、そしてティンパニーのやや硬い響きが印象に残った演奏だったのですが、後半のマーラーはちょっと考えさせられたものでした。というのはトランペットの音色に対する感覚があきらかにドイツ系の指揮者とは、というより自分の考えるマーラーとは異質に感じられるものだったからです。この違和感はほとんどこのときだけだったのですが、なぜかそれは最後まで自分の脳裏に強くつきまとい、まんじりともしない気持ちでこの演奏を聴き終えたものでした。

 そんな中で続いて県民ホールでのプロを聴いたのですが、こちらの方はそのときの違和感を完全に払拭したものとなりました。未完成のときに感じた硬い音質によるティンパニーを軸としたリズムの打ち込みの強さで全曲を支配したベートーヴェン、じつにしゃれた、そして活気と歯切れのあるブラームス、そして小太鼓を指揮者の前に置き、随所にゆれるような歌いまわしを聴かせた、スケールの大きなボレロと、この演奏会はこの指揮者の全貌を推し量ることができるような、じつに多面的かつ多彩な内容のものとなりました。

 今度聴くときはぜひフランスのオケて聴きたいと思ったものですが、それにはこれからさらに9年の年月を待たねばならないこととなります。

 因みにみの県民ホールの演奏終了後花束贈呈時、位置的にブレートルに花束を渡せない花束嬢の一人が、なんと指揮台にあがってプレートルに渡そうとしたところ台上でつまづき大音響とともにひっくり返ってしまうという大失態。プレートルもさすがにこれは驚いたものの、怒ることはなくちょっとおどけた表情をして会場から笑いを誘っていました。しかし台上にあがるという発想は…。


リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カテゴリー



カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。