演奏会雑録帳
2001年以前に行った演奏会の感想です。本体記事と重複してるものもあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1995(平成7年)
(エフゲニー・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団)

5月21日:サントリーホール

チャイコフスキー/交響曲第5番
リャドフ/魔法にかけられた湖
スクリャービン/交響曲第4番「法悦の詩」


 この演奏会。とにかく最後の「法悦」がすべてでした。N響の援軍も含めて増大された管楽器をもったロシア国立響が、最後ホール全体を「音」のみで完全に埋め尽くしたその様は、10年前に聴いたオーマンディやムラヴィンスキーの壮演の数々を思い出させる、圧倒的な超大名演となりました。それにしてもこのとんでもないくらいの力技というか豪腕ででおしきったような演奏でありながら、音量や音圧が凄いだけでなく、ちゃんと音そのものも濁らず、しっかり響かせることのできる指揮者であることを実証したスヴェトラーノフとロシア国立のコンビ。この演奏を聴いた時、やはり指揮者とオーケストラの関係は一朝一夕には出来ないとあらためて痛感したものでした。

 (が、この数年後このコンビが崩壊し、そして20世紀が幕を閉じたとき、ほんとうにひとつの時代が終わったような気がしたものでしたし、その後朝比奈と大阪フィル、ヴァントとNDRのコンビも消え、さらにその感を強くしたものでした。)

 この演奏時、コーダに入る前の一瞬の空白時に、「ブラーヴォ」という小さな声が聞かれました。後で聞くとこれはスヴェトラーノフの声だったという話を聞きました。おそらく一線を越えたあまりの素晴らしさに思わず声を漏らしてしまったのでしょう。あれはこの指揮者の集大成ともいえる恐るべき演奏でした。ですが、その凄絶な演奏にもかかわらず、この演奏のベースはやはり自然体とも古典的ともいえる造形とバランスのたしかさだったという気がします。この指揮者はいかなる部分でもどんな爆演でも、絶対自分を失わない、強い自制力も持ち合わせているという気がしました。

 この指揮者の演奏に「大きさ」とともに「強さ」を感じるのはそういう部分があるからなのかもしれません。スヴェトラーノフは私たちが想像する以上に「強い」部分を根底にもつ指揮者だったような気がします。だからこそ苦難にみちた時代にも耐えうる音楽を形成し、それが多くの人達に忘れ難いほどの人生肯定の姿勢に基づいた音楽を聴かせることとなり、聴く人達に大きな歓びと活力を与えたのでしょう。


●エフゲニー・スヴェトラーノフ/その思い出と記録。そして雑感。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page344.html
スポンサーサイト
1992(平成4年)
(エフゲニー・スヴェトラーノフ/ロシア国立交響楽団)

10月23日:新宿文化センター

グリンカ/ルスランとリュドミラ、序曲
ラフマニノフ/パガニーニの主題による狂詩曲(P/中村紘子)
ラフマニノフ/交響曲第2番


 この指揮者がはじめてラフマニノフを指揮した公演。自分は前半遅れてしまい、狂詩曲をホールの外の通路から聴くこととなったのですが、外にいてもドスンドスンというオケのド迫力の音が響いてきてかなりあせったものですが、後半に聴いたラフマニノフにはもう言葉もありませんでした。

 自分はこの曲に対して甘ったるい映画音楽のような曲としか考えていなかったのですが、スヴェトラーノフはじつにこの下手をするとただダラダラと流れかねない曲想をじつにうまくまとめ、甘味に流れすぎることを戒めながら、それでいてこれ以上ないくらい万感の想いを込めてメロディを歌いつくすその姿に、正直大きな感銘を受けたものでした。

 特に第三楽章はその音楽の歌いこみの深さが素晴らしく、後半ではもうこちらの気持ちが胸いっぱいになるくらい素晴らしいもので、思わず目頭が熱くなったものでした。

 終楽章もじつに堂々とした風格をもった音楽が展開され、ほんとうに満足しきった演奏となりましたが、正直その後この指揮者が同曲をロシア国立おN響で何度もその後とりあげることになるとは夢にも思いませんでした。晩年チェリビダッケが日本でブルックナーを積極的にとりあげていましたが、スヴェトラーノフが同曲を、特に最後の日本公演では三度も演奏していたのが今では妙にそれとダフってみえることがあります。

 この指揮者にとって同曲は特別なものであったのかもしれません。


●エフゲニー・スヴェトラーノフ/その思い出と記録。そして雑感。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page344.html
1990(平成2年)
(エフゲニー・スヴェトラーノフ/ソビエト国立交響楽団)

5月21日:オーチャードホール

チャイコフスキー/交響曲第1番
チャイコフスキー/交響曲第6番


5月24日:サントリーホール

チャイコフスキー/交響曲第3番
チャイコフスキー/交響曲第4番


6月3日:サントリーホール

チャイコフスキー/交響曲第2番
チャイコフスキー/交響曲第5番


 この公演を知ったときの狂喜はいかばかりであったことか。まさに望外の大事件でした。そしてこの公演はポニーキャニオンによって録音され発売されることとなります。

 最初のオーチャードでの演奏はとにかく最初の第一が素晴らしく、そのゴリゴリとした響きと、凄まじいくらい共感にみちた歌いこみ、そして終楽章最後のティンパニーのほとんどタテノリ状態の激烈な叩き込みは、会場を興奮に巻き込んだものでした。ですが後半の「悲愴」はなんというかありにも古典的というか、あたりまえの演奏に終始したようなところがあり、78年の「慟哭の悲愴」を知っているものとしては、かなり物足りなく感じたものでした。

 またオケも三年前よりややアンサンブルに綻びを感じ、弦もやや肌理の細かさを欠く状態に、当時のソ連のオーケストラ状況を垣間見る思いかせしたものでした。

 続くサントリーでの演奏でもやや「ポーランド」ではオケに濁りが散見し、第四でも冒頭金管が派手にミスるなど、かつてのこのオケにはみられなかったことが次々とおきちょっと失望したものですが、指揮者そのものは絶好調で、特に第四はこの指揮者最高のパフォーマンスを示していたように感じました。たた最後ホールの残響が聴いた場所によってはオケのスピード感の足を引っ張ったような部分があったのは残念ですが、その素晴らしさ無類のものがありました。

 最後のサントリーでの第二はじつに堂々とした巨大な響きを持った演奏で、これなら第五はさぞやと思ったのですが、残念ながら自分は休憩時に体調が激変し、ここで退場せざるをえませんでした。その後録音で聴いた第五は予想通りの名演だっただけにこれだけは悔いが残りました。


●エフゲニー・スヴェトラーノフ/その思い出と記録。そして雑感。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page344.html
1987(昭和62年)
(エフゲニー・スヴェトラーノフ/ソビエト国立交響楽団)

5月25日:東京文化会館

グリンカ/ルスランとリュドミラ、序曲
チャイコフスキー/フランチェスカ・ダ・リミニ
ショスタコーヴィチ/交響曲第5番


 スヴェトラーノフの実演を聴くのは1983年以来四年ぶり。前回と同様メインがショスタコーヴィチの5番のプログラムでしたが、今回はソビエトオケ恒例ともいえる協奏曲ものはなく、完全なスヴェトラーノフのみによる演奏会となりました。

 一曲目のグリンカの冒頭の音が鳴った瞬間。コントラバスが唸りを上げて一斉に弾き出した瞬間、あまりの音のゴリゴリ感の凄さと音圧に会場内にどよめきがおき、あちこちから小さいながらも「わー」「すげえ」という声と「シー」「静かに」という声が交錯する、めったにお目にかかれない状況となりました。ただこれほどのゴリゴリ感と音圧はこの公演の十年前同ホールでショルティとシカゴが演奏した「ドン・ファン」の冒頭以来でして、まさかまたこういう強烈な音を聴かされるとは思ってもみませんでした。もっともこちらはシカゴと違い、より重心が低いため、何か巨大な蒸気機関がいきなりトップスピードで動き出したような感があったのですが。

 続く二曲目。これがまた重厚かつ情感の濃すぎるくらい濃いフランチェスカが鳴り響き、スヴェトラーノフ節全開となったそのとき、自分は三階L側の座席にいたのですが、演奏中ちょっと妙な気配を感じ横を向くと、なんと空席二つを挟んだ同列に座っているご婦人が「お寿司」を食されておりました。もし隣だったら「では私も」とおひとつといただいたかもしれませんがそうもいかず、けっきょくそのまま。文化会館が一瞬歌舞伎座に感じたひと時でした。まあたしかにお食事の音は聴こえてなかったのであれなのですが…。

 ところで開演前会場に貼りだされたこの日の公演のタイムスケジュールで、この二曲目の「フランチェスカ」の演奏予定時間が26分と書かれていたのですが、これには「え?」という表情されていた方が多く、そういう意味ではけっこう開演前に話題になっていた曲だったようですが、前半終了時の休憩時に「あれじゃあ26分かかるわ」という声が出たほど、とにかくこれは怒涛のスケールと激烈なドラマを併せ持った重厚長大な「フランチェスカ」でした。

 そして後半のショスタコーヴィチ。これは83年に新宿厚生年金で聴いた解釈をさらに推し進めたものとなっており、よりダイナミックでより抉りこんだような印象を前回より受けたものでしたし、現在ポニーキャニオンから発売されたものともかなり印象のことなるものでした。

 いかにもスヴェトラーノフらしい重厚で、ショスタコーヴィチもまたロシア音楽のひとつに他ならないといったかんじの、とにかく野太く豪快な演奏で、ムラヴィンスキーともバーンスタインとも両極の、「巌」のようなショスタコーヴィチとなりました。

 その後アンコールで、スヴィリドフの「吹雪」から「ワルツ・エコー」を演奏。前回のときは四曲アンコールがあり、この後も当然あるだろうなと思ったら、なんと始まったのがハチャトゥリヤンの「スパルタカス」から「アダージョ」。「これはアンコールナンバーじゃないだろう」と正直びっくり。しかもこれがまた濃厚巨大な演奏で、「この演奏会ひょっとしてショスタコーヴィチが中半で、アンコールから後半の三部構成か?」と思ったくらいでした。でこの演奏が終わったとき、「たしかに二曲だけどかなり時間を費やしてるしこれで終わりかなあ。ほんとなら前回「レズギンカ舞曲」を聴いてるから今回は「剣の舞」を聴きたいところだけど…」などと贅沢なことを考えて拍手をしていたら…

…そのハチャトゥリヤンの「ガイーヌ」「剣の舞」がいきなり演奏されはじめました。そしてこれがもうとんでもないほどの超爆演となりました。弦がザクザクとリズムを刻み金管が猛獣のような唸り声をあげる。特にスネギリョフのティンパニーは、ティンパニーではなく直接文化会館の舞台床をぶっ叩いたのではないかというほどの、とにかく床ごと踏み抜くような超極太の叩きっぷりで、これぞソ連オケの醍醐味といいたいものがありました。演奏終了後、スヴェトラーノフがティンパニーのところまでいき、肩を組みながら満面の笑みをうかべスネギリョフと二人で舞台前までいき、観客に挨拶をさせていたのがとても印象に残っています。とにかく指揮者もティンパニーも会心の大名演でした。おそらく二度と聴くことのできない「剣の舞」だと思います。

それにしてもこのときのこのオケの状態は最高でした。どこまで炸裂しても余裕をもった音を常に出していましたし、スケールも凄みも圧倒的なものがありました。弦の地力やその伸びのよさも素晴らしく、この後の来日公演よりひとつ上をいく状態であったと思います。スヴェトラーノフとソビエト国立響の来日公演でも、最高のパフォーマンスを聴かせた演奏会のひとつでした。

 因みにこの公演はNHKが収録していました。


●エフゲニー・スヴェトラーノフ/その思い出と記録。そして雑感。
http://www003.upp.so-net.ne.jp/orch/page344.html


リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



カテゴリー



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。